2018-05

骨盤臓器脱

尿もれ・骨盤臓器脱を手術せずに治す最新治療法【レーザー治療】 

尿漏れや骨盤臓器脱を治すための、レーザーを使った新しい治療法があります。衰えた患部にレーザーを当てて、新しい細胞を作るという画期的なものです。尿トラブルなどに悩む女性の強い味方になりそうなレーザー治療のメリット、デメリットを紹介します。
2019.04.21
骨盤臓器脱

子宮脱などの骨盤臓器脱手術の合併症・後遺症のリスクと海外の事例

私は骨盤臓器脱になり、メッシュを膣内に挿入する手術を受けることになっていました。この手術は、ここ数年間、海外で大問題になっています。手術を受けた女性の中に重篤な合併症や後遺症で苦しむ人が多く出て、訴訟が多発し、手術を禁止する国も出てきました。
2018.06.30
骨盤臓器脱

【子宮脱・膀胱瘤治療のためのリングペッサリー】私の自己着脱体験談

骨盤臓器脱に悩まされていた私は、リングペッサリーを試したこともありました。リングペッサリーは、下がっている子宮などを本来の位置に持ち上げる効果があるとされています。リングペッサリーの自己着脱は、慣れればそれほど難しいものではありません。
2018.07.05
骨盤臓器脱

【直腸瘤の便の出し方】手術せずに症状を改善させる私の3つの方法

骨盤臓器脱の1つである直腸瘤には、排便困難や残便感という症状が伴います。私には直腸瘤があり、何年もその症状に悩まされていました。しかし医師の勧めた3つのことをすることによって、今では日常生活に支障をきたさない程度に症状が改善されています。
2019.04.21
老後の備え

【国民年金付加年金】わずか月400円の付加保険料で年金額アップ!

国民年金の受給額を増やすことができる「付加年金」という制度があります。保険料を月々400円上乗せするだけで2年でモトがとれるという、費用対効果の高い国民年金ならではのシステムです。国民年金保険料を支払っている人のみが対象で、私も利用しています。
国際結婚

離婚率が高い国際結婚で成功するため、私達夫婦が実践中の5つの秘訣

国際結婚には言葉や文化の違い等の問題があり、日本人同士の結婚と比較して離婚率が非常に高いです。アメリカ人の夫と私には、幸い離婚の危機は今までありませんでした。ここでは国際結婚を成功させるための、私達夫婦が実践している5つの秘訣を紹介します。
育児・教育

【育児ストレス解消法】子どもの気質を受け入れるとイライラしない!

我が子が幼稚園の時に五つ子のお母様の講演会があり、子供は生まれつき皆性格が違うことと、何か不十分なことがあっても親の育て方のせいではないと教えて頂きました。親は子供の人格を認め、自分を責めずに子供に寄り添うことが育児ストレス解消につながります。
育児・教育

【子供のチック症:原因と治し方】我が子達の咳払いとまばたきの話

我が子達は小学生の時チック症になりました。「私の育て方のせい?」と自分を責めましたが、夫も子供の時チック症だったとのことで、我が家の場合、遺伝が原因のようです。チック症の効果的な治し方は「何もしないこと」です。「見て見ぬふり」をお勧めします。
2018.06.30
加齢

【テニス肘の治し方】ストレッチ&サポーターで手術回避できた体験談

私は40代後半にテニス肘になり、その激痛に悩まされました。整形外科を受診したところ、腕のストレッチをすることと、サポーターの着用を勧められました。簡単なストレッチとサポーターのお陰で、つらいテニス肘を治すことができました。
2018.06.18
国際結婚

【国際結婚・子供の言葉の問題】日本語能力の低さで学業不振になる?

アメリカ人の父を持つ我が家の子供達は、国語が苦手です。大人同士が話す豊かな日本語の会話を聞かないで育ったため、日本語の語彙が少ないように思います。日本語能力が低いせいで子供が学業不振にならないように、家庭でのサポートが非常に重要です。
2018.07.02