【国際結婚・子供の言葉の問題】日本語能力の低さで学業不振になる?

勉強ができなくて困っている子供 国際結婚
勉強ができなくて困っている子供
とっこ
とっこ

アメリカ人の父親を持ち、国際結婚の家庭に育った我が子達。バイリンガルになれなかっただけでなく、実は国語もちょっと苦手です。国際結婚の子供の言語習得は、必ずしも簡単ではありません。日本に住んでいるからといって、子供に十分な日本語能力が備わるとは限らないのです。

国際結婚の子供の日本語力

国際結婚の弊害で語彙が少なくなる?

我が子達はずっと日本で育ち、日本の学校に行っていますから、もちろん日本語は普通に話せます。周囲から見たら、子供達が話す言葉は普通の日本人と全く変わりありません。

けれども一緒に生活をしている私からすると、「え?こんな言葉も知らないの?」と思うことが時々あります。

国際結婚の家庭に育った影響で、子供達の日本語の語彙が少ないように感じています。

豊かな日本語の会話を聞く経験が少ない

我が子達の日本語能力があまり高くない理由は、大人が豊かな日本語で会話するのを聞く機会が、幼い時からずっと少なかったからだと私は考えています。

我が家では夫と私との会話は英語のみです。普通の家庭なら当然耳にしたであろう大人の間で交わされる日本語の言葉が、我が家には欠けていたのだろうと思います。

場面緘黙症になった我が子

言語習得がうまくいかなかった最悪の事態は、下の息子が幼い時に場面緘黙症になったことです。場面緘黙症とは、家庭では普通におしゃべりをするが、集団生活など特定の場面では言葉を発することができない心の病気です。

本人の気質のせいもありますが、国際結婚によって日本語がうまく育っていなかったことも関係しているようです。

学校や受験での国語力不足

我が子達は小学、中学、高校と国語が苦手でした。文章を書いたり、内容を把握するのが得意ではありませんでした。大学受験では現代文が足を引っ張っていました。

国語力が乏しいと、他教科にも影響を及ぼします。例えば下の息子は小学校や中学校で社会科に苦戦しました。教科書に出てくる言葉が彼には難しかったようです。

日本語力が乏しいと学力が低くなる

言葉は学習の基本

人は言葉を使って思考します。国語力が弱いと考える力も弱くなります。考える力が弱いと、すべての教科において学習がうまく進みません。

国際結婚の家庭で、例えば日本語話者は父親のみで子供と接する時間が少ないというような場合、たとえ日本に住んでいても子供の日本語力が弱く、そのため学校で学業不振になってしまう危険性があると思います。実際に知り合いのご家庭で、いくつかそういうケースを知っています。

学習サポートの必要性

国際結婚をして日本に住み、子供が日本の学校に通う場合、我が家のように場面緘黙症になる特殊なケースを除けば、子供は日本語を話すことは問題なくできるようになるでしょう。しかし日本語のおしゃべりができるからといって、高い日本語能力を持っているとは限りません。我が子達のように語彙が乏しく、国語が苦手になる場合もあります。そして日本語能力が低いと、学習全般に悪影響を及ぼします。

子供に高い学力を身に付けさせたいなら、国際結婚の影響で日本語力が周囲よりも劣っている可能性があることを念頭に入れておく必要があります。

前述の通り、私は子供達の日本語能力の低さに気づいていましたので、学校の勉強をかなり熱心にサポートしてきました。小さい頃から私が先生のようになって、家庭学習をしっかりさせました。その甲斐あって、子供達の学校の成績は良い方で、今は上の娘は難関大学と呼ばれる私立大学に、下の息子は国立大学に行っています。二人とも国語は苦手なのですが、入試には何とか帳尻を合わせることができました。

大切なのは家庭の協力です。国際結婚の影響で子供が学力面で困ることがないように、必要に応じてしっかりサポートしてあげることが大切だと思います!

とっこ
とっこ

国際結婚の家庭は、うまくいけば子供がバイリンガルに育つなど、嬉しいこともありますが、我が家のようにバイリンガル教育に失敗したり、場面緘黙症になったり、日本語能力が十分に育たなかったりなど、言語に関する困難に遭遇する可能性もあります。参考にして頂けたら幸いです。

国際結婚
元気に老いるため今日も頑張ってます

コメント