【薬では治らない耳が詰まった感じ】原因は更年期!治し方はないの?

耳閉塞感 加齢
とっこ
とっこ

私は50歳の時に、突然耳閉塞感に襲われました。耳鼻咽喉科を受診しても治らず……。同じような症状で悩む方の参考になればと思い、体験談をお伝えします。

「耳が詰まった感じ」はつらい!

特急列車のトンネルで耳閉塞感に

50歳の夏、家族で金沢に旅行に出かけた時のことです。当時はまだ北陸新幹線開通前でしたので、「はくたか」という特急列車を利用しました。この特急列車は、長いトンネルを何度も通過します。そしてトンネルの中で急に耳がツーンとしました。

トンネルでの「耳ツン」経験は誰にでもよくあること。しかしこの時は、いつものように鼻をつまんで口を閉じて「フ~~」としてみても、唾をのみ込んでみても、何をしても全く治らなかったのです!その後、何時間も、何日間も、何カ月間も、私の「耳が詰まった感じ」は続いたのでした。

急な気圧の変化がきっかけ

あとで知ったことなのですが、この特急列車は長くて狭いトンネルを何度も高速でくぐりぬけていくため、気圧の変化が非常に激しく、「耳ツン」現象が特に起こりやすいことで鉄道マニアの方々に知られている電車なんだとか。気圧の急な変化が原因で、私の耳閉塞感が引き起こされたわけですね。

それにしてもただの「耳ツン」症状なら耳抜きをすればすぐに治るはず。でも治らなかったのです!

耳が詰まった感覚のつらさ

耳が詰まっている感じが続くのは、本当につらかったです。耳抜きを繰り返すも、一瞬は良くなる感じがするのですが、すぐに元に戻ってしまう。プールの後に水がずっと耳に入っているような気分。すべての音がこもって、聞きづらくて、自分が話す時も違和感がありました。

耳閉塞感の原因と治療は?

様々な原因で耳が詰まった感じになる

耳閉塞感が治らず、不安になり調べたところ、様々な原因が考えられることが分かりました。

耳閉塞感の原因
・耳垢が鼓膜に貼りついている
・滲出性中耳炎
・耳管開放症
・耳管狭窄症
・メニエール病
・突発性難聴
・聴神経腫瘍 など

う~ん、ややこしそう!

何か大きな病気だったら怖いし、とにかく耳が詰まった感じから解放されたかったので、耳鼻咽喉科を受診しました。

耳鼻咽喉科で原因は分からなかった

耳鼻咽喉科で診察を受けました。聴力やメニエール病の検査もしました。その結果わかったことは:

・異常なし
・原因は分からない

えっ!?「異常なし」?? 「現に耳閉塞感で悩まされているのに、『異常なし』と言われても困る!」と思いました。

要するに「治療が必要な病気は隠されていない」という意味だったのだと思います。それはそれでありがたいことですが、「心配しなくていいですよ。自然に治ります」とか何とか言ってもらえたら、気持ちがもっと楽だったはず。おそらく、いつ治るのか分からないということだったのでしょうね。耳閉塞感って厄介です。

原因についても分からないと医師に言われました。ただ「ストレスを抱え込まないように」とアドバイスされました。ストレスが原因になる場合もあるのですね。

耳鼻咽喉科で処方された薬

医師からは「薬飲んでみる?」みたいな言われ方をしました。「薬を飲んだからといって必ずしも治るわけではないが、飲んで様子を見てみるのもよい」ということだったのだと思います。私はとにかく耳がふさがった感じから脱け出したかったので、薬を処方してくれるようにお願いしました。

処方された薬
【メチコバール】(ビタミンB12によって末梢神経の働きを良くする)
【アデホスコーワ顆粒】(めまい・難聴・耳閉感に効果があるとされる)
【ツムラ五苓散(ゴレイサン)エキス顆粒】(耳のむくみをとる漢方薬)

耳閉塞感の治療は?

症状の経過確認と薬を追加でもらうために、何度か耳鼻科に通院しました。その度にしたのは「鼓膜マッサージ」。耳鼻科によくある、イヤホーンみたいなものがついている機械でのマッサージです。両耳にチューブの先端を入れて、スイッチを入れると「ボン、ボン、ボン」とリズミカルに振動します。3分くらいだったと思います。気持ちよかったです。耳の血行をよくするらしい。効果のほどは分かりませんが。

耳閉塞感は治療しても治らなかった

治療を止めてみた

何度か耳鼻科に通院し、鼓膜マッサージを受け、薬を数ヵ月服用したのですが、耳が詰まった感じは続きました。発症した当初のように毎日ひっきりなしにというわけではありませんでしたが、ふとしたときにひどくなりました。

例えば地下鉄に乗った時。地下鉄のドアが閉まったとたん、耳がツーンとなります。そしてドアが開くと治ります。「どんだけ気圧の変化に敏感なんだい!」と思いました。

それから台風が近づいている時。耳閉塞感が増すので天気予報を見てみると、案の定、台風が接近中であるということがよくありました。耳が天気予報の代わりになりました(笑)

鼓膜マッサージを受けたり薬を服用してもほとんど効果を感じられなかったこと、そして治療すべき別の病気が潜んでいたわけではないことから、耳鼻科通いを止めてみることにしました。

耳閉塞感は更年期が原因だった!

発症から1年くらいたった頃でしょうか、耳が詰まった感じがいつの間にか消えていました。

その後、看護師をしているママ友と話をする機会があり、耳のことを話してみたら、「あ~、それ更年期よ~!」と一刀両断!

彼女の話によると、更年期のせいで耳のトラブルが引き起こされるのはよくあることなのだそう。その理由は、ひとつには耳周辺の血行が悪くなること。もうひとつは自律神経が乱れて、耳の器官や神経に不調をもたらしてしまうことなんだとか。

確かにネットで調べてみたら、更年期により耳閉塞感などの耳トラブルが起こるという記事が色々ありました。

あ~、最初から更年期が原因だと分かっていたら、それほど心配しなかったのに!

更年期が原因の耳閉塞感の治療法

耳が詰まった感じが続く場合、治療すべき病気が隠されているかもしれませんので、まずは耳鼻科で調べてもらうことをお勧めします。そして私のように特に異常が見つからない場合は、更年期が原因となっているかもしれません。

もしそうなら、私のオススメは:

心配しすぎないこと(特別な病気でないと思うだけで、気持ちがラクになります)

婦人科で相談すること(更年期が原因と分かれば、女性ホルモン投与等の治療法があります)

ストレスを解消すること(ストレスは血行不良を招き、耳トラブルを悪化させるそうです)

とっこ
とっこ

更年期はいろいろな症状を引き起こしますね。具合が悪くなった時、更年期のせいだと分かるだけでも安心します。更年期は厄介ですが、うまく付き合っていくしかないですね~!

 

こちらの本には、耳が詰まった感じが5分で改善するという「ハチの羽音呼吸法」が紹介されています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
加齢
元気に老いるため今日も頑張ってます

コメント