骨盤臓器脱/加齢/美容

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱・尿トラブル防止のために若い女性が避けるべき3つのこと

骨盤臓器脱や尿トラブルは、一般的に中高年の女性に多いですが、若い女性も油断してはいけません。若いからこそ意識するべき、骨盤底筋や骨盤内の臓器に悪影響をもたしたり、尿トラブルの原因になりうることについての話です。
2018.06.30
骨盤臓器脱

【尿もれ対策・頻尿改善】骨盤底筋を鍛える主治医が勧める3つの運動

骨盤臓器脱がほぼ治った私ですが、筋肉は放っておいたら衰えていきますので、尿もれや頻尿に悩まされることがないように、骨盤底筋を鍛え続けなければなりません。主治医から勧められているジョギング、スクワット、骨盤底筋運動の効果や注意点などの話です。
2018.06.17
骨盤臓器脱

尿もれ・骨盤臓器脱を手術せずに治す最新治療法【レーザー治療】 

尿漏れや骨盤臓器脱を治すための、レーザーを使った新しい治療法があります。衰えた患部にレーザーを当てて、新しい細胞を作るという画期的なものです。尿トラブルなどに悩む女性の強い味方になりそうなレーザー治療のメリット、デメリットを紹介します。
2019.04.21
骨盤臓器脱

子宮脱などの骨盤臓器脱手術の合併症・後遺症のリスクと海外の事例

私は骨盤臓器脱になり、メッシュを膣内に挿入する手術を受けることになっていました。この手術は、ここ数年間、海外で大問題になっています。手術を受けた女性の中に重篤な合併症や後遺症で苦しむ人が多く出て、訴訟が多発し、手術を禁止する国も出てきました。
2018.06.30
骨盤臓器脱

【子宮脱・膀胱瘤治療のためのリングペッサリー】私の自己着脱体験談

骨盤臓器脱に悩まされていた私は、リングペッサリーを試したこともありました。リングペッサリーは、下がっている子宮などを本来の位置に持ち上げる効果があるとされています。リングペッサリーの自己着脱は、慣れればそれほど難しいものではありません。
2018.07.05
骨盤臓器脱

【直腸瘤の便の出し方】手術せずに症状を改善させる私の3つの方法

骨盤臓器脱の1つである直腸瘤には、排便困難や残便感という症状が伴います。私には直腸瘤があり、何年もその症状に悩まされていました。しかし医師の勧めた3つのことをすることによって、今では日常生活に支障をきたさない程度に症状が改善されています。
2019.04.21
加齢

【テニス肘の治し方】ストレッチ&サポーターで手術回避できた体験談

私は40代後半にテニス肘になり、その激痛に悩まされました。整形外科を受診したところ、腕のストレッチをすることと、サポーターの着用を勧められました。簡単なストレッチとサポーターのお陰で、つらいテニス肘を治すことができました。
2018.06.18
加齢

鎮静剤使用の口からの胃カメラは怖くない!バリウム検査は意味がない

4年前に胃のバリウム検査でひっかかってしまい、胃カメラ検査を受けることになりました。胃カメラはつらい検査だと思っていたのですが、鎮静剤を使う口からの無痛検査を試したところ、ウトウトしている間に何も感じることなく、簡単に終わりました!
2018.05.27
加齢

【大腸内視鏡検査体験談】加齢で伸びた腸に「鎮静剤なし」は痛かった

去年大腸内視鏡検査を受けました。医師いわく、「腸が伸びている」とのこと。腸も他の筋肉と同様、加齢により弱ってしまうのですね。伸びて長くなった腸を内視鏡が進まなければならず、検査に時間がかかり、鎮静剤なしで、とても痛かった苦い経験をしました。
2018.04.29
加齢

【老眼の症状と年齢】脳の病気を疑うほど変な症状で気づいた私の老眼

私は39歳で老眼鏡デビューしました。ある日突然辺りが暗くなり、ひどい頭痛に襲われました。脳の病気かもと心配したのですが、単に老眼によるものだったのです。以来老眼鏡のお世話になっています。今のはブルーライトカットの老眼鏡で、気に入っています。